トップページ > しごと・産業 > 水産業 > 水産業 > みやぎ水産技術情報ステーションへようこそ > 大メニュー - みやぎ水産技術情報ステーション > 研究課題 > 研究課題リスト > 研究課題2:サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究(平成25~29年度)

掲載日:2015年2月12日

ここから本文です。

研究課題2:サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究(平成25~29年度)

震災後の外国産養殖サケの急激な輸入増大を受けて大きく変動している国内市場において、社会経済的な視点からの市場調査をもとに、宮城県産養殖ギンザケの位置(市場価値)を明確化します。同時に、市場情報をもとに、外国産養殖サケに市場を席巻されている生食分野(刺身・寿司商材)への供給が可能な高品質な養殖サケの作出と、養殖魚家の経営安定化のための一連の養殖生産体系を見直すとともにコスト削減と作業の効率化を図り、得られた成果を養殖現場で実証し、収益率の向上を目指します。

実施課題

中課題1 養殖サケ市場の把握

  • 中課題1 小課題1:日本におけるサケ市場の実態把握
  • 中課題1 小課題2:養殖ギンザケの計量経済学的分析
  • 中課題1 小課題3:宮城県養殖ギンザケ経営におけるマネジリアル・マーケティング戦略
  • 中課題1 小課題4:ギンザケ養殖業の実態把握

中課題2 身質向上につながる高品質でコストを抑えた飼料と品質向上・保持技術の開発

中課題3 効率的生産技術の開発

研究課題2:サケ科魚類養殖業の安定化、省コスト・効率化のための実証研究(平成25~29年度)の図解