トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 伝染病 > 家畜伝染病発生時における宮城県建設業協会との協定締結について

掲載日:2021年4月1日

ここから本文です。

家畜伝染病発生時における宮城県建設業協会との協定締結について

家畜伝染病発生時における協力への協定締結(平成22年9月8日)について

この協定は、宮城県内で口蹄疫等の家畜伝染病が発生し、又は発生するおそれがある場合に、本県が行う緊急対策業務について、社団法人宮城県建設業協会が協力し、感染力が強い伝染病のまん延を防ぐための初期の迅速対応の充実を図るものです。

協定概要

協定名:家畜伝染病の発生時等における緊急対策業務への協力に関する協定
協定締結相手方:社団法人宮城県建設業協会

協定の主な内容

  1. 処分した家畜を埋却するための埋却溝の掘削
  2. 処分した家畜等の運搬及び埋却
  3. これら業務の実施のために必要な設備の運搬、設置等

写真:(協定締結後、握手をする村井知事(左)と佐藤宮城県建設業協会会長)
(調印式の様子)

お問い合わせ先

家畜防疫対策室 

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 県庁11階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は