トップページ > 観光・文化 > 観光 > 観光行政情報 > 外国人観光客の受入れ対応に関するガイドラインについて

掲載日:2022年6月15日

ここから本文です。

外国人観光客の受入れ対応に関するガイドラインについて

1 更新情報 

令和4年6月7日(火曜日)

 観光庁より「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」が公表され,令和4年6月10 日以降の旅行業者等を受入責任者とする添乗員付きパッケージツアーの取扱い等が示されました。

 

令和4年6月15日(水曜日) 

 マスク着用に関する英語版資料を掲載する等,最新の状況等を踏まえて「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」が改訂されました。詳細は観光庁ウェブサイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)からご確認ください。

 

※ 最新のQ&Aなど詳細については、観光庁ウェブサイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)に掲載されております。

2 事業者の皆様へのお知らせ

旅行業者及び旅行サービス手配業者の皆様へ

 「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」の7頁「3.陽性者発生時を含む緊急時の対応」に記載されている事前確認が必要な項目等については、以下のとおりです。また,宮城県内で新型コロナウイルス感染症を疑う症状が発現した場合の対応については,「宮城県の外国人観光客新型コロナウイルス感染症対応イメージ」を参考にしてください。「宮城県の外国人観光客新型コロナウイルス感染症対応イメージ」(PDF:812KB)(別ウィンドウで開きます)

 

 電話番号:022-398-9211

 受付時間:24時間対応

 対応言語:英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語〔24時間〕

      タイ語・ネパール語・ベトナム語・ロシア語・タガログ語・インドネシア語・ヒンディー語〔平日の午前8時30分から午後6時まで〕

※ 電話番号のおかけ間違いにご注意ください。     

※ 午前8時から午前10時までの時間帯はつながりにくいことがあります。

  • 有症状者が発生した場合は、「新型コロナウイルス感染症に関する受診・相談センター」に連絡の上、その指示に従い、必要に応じて検査を実施してください。有症状者等の一時待機場所や移動手段等の確保については、旅行業者又は旅行サービス手配業者が適切にご対応ください。
  • 医療機関受診の結果、陽性となった場合は保健所等の判断で指定された宿泊施設での療養、もしくは医療機関への入院となりますので、その指示に従うとともに、必要に応じて専門的な医療通訳を手配してください。
  • 濃厚接触者が特定された場合の待機施設や移動手段等の確保については、旅行業者又は旅行サービス手配業者が適切にご対応ください。

宿泊施設の皆様へ

 「外国人観光客の受入れ対応に関するガイドライン」では、以下のことをお願いしていますが、合わせて、業種別ガイドラインである「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン」に基づいた必要な感染症対策を実施いただきますようお願いします。

 

3 訪日外国人旅行者用災害時に役立つツール

 観光庁が外国人観光客向けに災害発生時を含め、安全・安心に日本に滞在できるよう有用と思われるウェブサイト・アプリ等の情報をまとめたリーフレット(Safety Information Card)等を制作しています。

 リーフレット(Safety Information Card)等は、観光庁ウェブサイト(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)からダウンロードしてご自由にご利用いただけますので、地域の観光マップ等、訪日外国人旅行者への配布物にご利用ください。

お問い合わせ先

観光プロモーション推進室誘客推進第二班

宮城県仙台市青葉区本町三丁目8-1
行政庁舎14階南側

電話番号:022-211-2824

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は