トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 経営支援 > 令和4年度家畜商講習会を開催します

掲載日:2022年9月29日

ここから本文です。

令和4年度家畜商講習会を開催します

家畜商講習会について

「家畜商」とは,営利の目的をもって家畜(牛,馬,豚,めん羊及び山羊)の生体取引(売買,交換又はその斡旋)の業務を継続的かつ反復的に行う個人(又は法人)であり,家畜商法の規定により,家畜商になろうとする者は,全国各都道府県が開催する講習会を受講し,その住所地を管轄する都道府県知事の免許を受けなければなりません。

今年度本県では下記のとおり講習会を開催しますので,受講を希望する方は申請書を期限までに提出してください。

申請する前に御一読ください→家畜商講習会開催要領(PDF:230KB)

開催日時

令和4年12月15日(木曜日)及び令和4年12月16日(金曜日)の2日間

  • 1日目 午前8時30分から午後5時15分まで(受付:午前8時15分から午前8時30分まで)
  • 2日目 午前9時から午後5時まで(受付:午前8時45分から午前9時まで)

開催場所

宮城県自治会館203会議室 

※会場には駐車場がないため公共交通機関を利用願います。

受講資格

家畜商の免許を受けて家畜の取引の事業を営もうとする者又は家畜の取引の業務に従事しようとする者

(ただし,家畜商法第4条に該当する者には免許は与えられない)

申請書類の表
名称・内容 ファイル 備考
家畜商講習会受講申請書

様式1(ワード:25KB)

様式1(PDF:254KB)

全受講者提出

講習時間の特例措置適用申請書

【獣医師】

様式2-1(ワード:55KB)

様式2-1(PDF:69KB)

獣医師のみ提出

講習時間の特例措置適用申請書

【家畜人工授精師】

様式2-2(ワード:55KB)

様式2-2(PDF:69KB)

家畜人工授精師のみ提出

手数料

宮城県収入証紙3,700円分(各宮城県合同庁舎・県指定金融機関等で販売

提出先

最寄りの家畜保健衛生所・地方振興事務所畜産振興部

(原則として県外居住者にあっては宮城県農政部畜産課)

問い合わせ先

宮城県農政部畜産課企画管理班 電話:022-211-2851 FAX:022-211-2859

〒980-8570(県庁専用郵便番号) 仙台市青葉区本町3丁目8番1号 

提出締切

令和4年11月18日(金曜日)

郵送で提出する場合,令和4年11月18日(金曜日)消印有効

持参品

筆記用具,印鑑(出席確認に必要),講習会テキスト,昼食


※講習会テキストは,講習会の1日目受付時に販売の斡旋を行います(最新版家畜取引の知識(株式会社ぎょうせい 税込:3,740円))。あっせんを希望される場合は,家畜商講習会テキスト購入申込書(家畜商講習会受講申込書の所定欄)にその旨を記入し,当日にテキスト代金をお持ちください。テキスト販売価格については,変更となる可能性があることを御承知願います。

 

お問い合わせ先

畜産課企画管理班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 県庁11階

電話番号:022-211-2851

ファックス番号:022-211-2859

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は