ここから本文です。

「みやぎ型管理運営方式」第二次審査書類(最終審査用)の受付開始について

第二次審査書類(最終審査用)の受付開始について

令和4年4月からの事業開始に向けて事業者の公募手続きを進めている「みやぎ型管理運営方式」について,応募者との競争的対話が終了し,今後は,令和3年1月6日から13日にかけて,応募者から第二次審査書類(最終審査用)の提出を受け付けることとなりますのでお知らせします。

競争的対話等の経過

競争的対話とは,民間のノウハウや創意工夫を積極的に活用すべき案件や,事業内容が複雑な案件等の調達において,発注者と競争参加者との間で仕様等について対話や交渉を行う契約手法を言います。

令和2年5月に3企業グループからの応募を受け付けた後,6月から12月までの約半年間,現場確認と資料閲覧を2回,各事務所でのヒアリングを1回,県庁でのヒアリングと競争的対話を各企業グループ毎にそれぞれ3回実施しました。

競争的対話の経緯

競争的対話における主な論点

競争的対話において,各応募者と協議をした主な事項は次のとおりです。

  • 夏季の原水におけるかび臭の発生等,突発的かつ一時的な事象への対策費用に関するリスク分担の考え方について
  • 運営権者による第三者への業務委託に係る事務手続きを,当該業務の重要度に応じ一部簡素化することについて
  • 業務報告書や監査報告書の提出期限について
  • 事業終了後の運営権者の契約不適合責任(瑕疵担保)について,事業開始時における県の責任と同等の条件とすることについて
  • 運営権者が導入した知的財産権対象技術に関するライセンス料について,事業終了後も定期的に支払いが必要となる場合の扱いについて
  • その他,各応募者が提案を検討している内容について,前提条件や計画上留意すべき事項を確認し,意見交換を行いました。

募集要項等の改訂版について

競争的対話を踏まえた,募集要項等の改訂版は以下のとおりです。

※令和2年3月13日版(公募開始時)の募集要項等については,以下のリンク先に掲載しています。

宮城県上工下水一体官民連携運営事業(みやぎ型管理運営方式)募集要項等の公表について

今後の予定について

「みやぎ型管理運営方式」の公募に係る今後の予定は,以下のとおりです。

(令和3年)

1月6日から13日 第二次審査書類(最終審査用)の受付

1月中旬から3月上旬 PFI検討委員会による審査

3月中旬(予定) PFI検討委員会からの答申,優先交渉権者の決定

お問い合わせ先

水道経営課水道経営管理班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は