トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 伝染病 > 鳥インフルエンザ > 県内での鳥インフルエンザの発生状況について

掲載日:2023年1月29日

ここから本文です。

県内での鳥インフルエンザの発生状況について

宮城県における発生状況(令和5年1月)

1月28日、角田市内の家きん農場において、高病原性鳥インフルエンザ(HPAI)の疑似患畜が確認されました。

 

消毒ポイントの設置について

  • 鳥インフルエンザ発生に伴う車両消毒ポイントについて,下記 のとおり運用しております。 畜産関係車両につきましては,周辺を通過する場合は必ず消毒 ポイントに立ち寄り,車両消毒を徹底するようお願いいたします。(1月28日16時00分から消毒ポイント3の運用を再開しました。)
  • 消毒ポイント設置状況(令和5年1月28日現在)(PDF:596KB)

 

移動及び搬出制限区域の設定について

 

防疫措置の進捗状況

 

宮城県特定家畜伝染病対策本部会議

 

過去の発生について

野鳥

宮城県における確認(野鳥)

宮城県における野鳥の高病原性鳥インフルエンザ調査について(自然保護課

国内における確認(野鳥)

野鳥関連の高病原性鳥インフルエンザに関する情報(環境省(外部サイトへリンク)

鳥インフルエンザ情報

家きんを飼養する皆様へ

野生動物等の侵入防止と消毒を徹底しましょう(PDF:234KB)

お問い合わせ先

家畜防疫対策室 

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 県庁11階

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は