トップページ > しごと・産業 > 農業 > グリーン・ツーリズム > 農山漁村交流拡大プラットフォーム 参画者募集!

掲載日:2020年3月16日

ここから本文です。

農山漁村交流拡大プラットフォーム 参画者募集!

宮城県では,平成10年から農山漁村を舞台とした都市農村交流活動,いわゆるグリーン・ツーリズムの推進として都市農村交流の受入れ先となる実践者の人材育成や農山漁村の魅力発信などに取り組んでまいりました。

しかしながら,農山漁村地域での人口減少と高齢化は急速に進んでおり,取組みの継続が困難になるとともに,集落機能の低下も著しく,地域資源の発掘や伝統文化の継承が難しくなってきています。

一方で,田園回帰の流れや移住・定住への関心の高まりに加え,インバウンドへの対応も必要になってきており,都市部などから農山漁村への人の流れを適切に受入れる環境や体制の整備が求められています。

このような背景を踏まえ,宮城県では,農泊や体験プログラムなどを展開したい農林漁業者や団体,県内外の企業,個人等,多様な方々が集い,これまでの枠組みを超えて新たなネットワークを構築する「農山漁村交流拡大プラットフォーム」を設立することとしました。

このプラットフォームは,関心がある方,交流ビジネス等にチャレンジしたい方,地域を愛する想いのある方など,参画された方々同士が応援し合える仕組みです。

参画した皆さんで,連携した交流の取組みを精力的に展開し,宮城の農山漁村地域を元気にしていきましょう。

農山漁村交流拡大プラットフォームの様子1 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子2 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子3 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子4

模式図

農山漁村交流拡大プラットフォームパンフレット(PDF:2,010KB)

パンフレット2

農山漁村交流拡大プラットフォーム設置要綱(PDF:173KB)

申し込み方法

参画を希望する方は,下記の入会申込書にご記入いただき,メールまたはファックスにてお送りください。

(送り先は入会申込書に記載されております)

登録は,団体・個人どちらでも構いません。

農山漁村交流拡大プラットフォームの様子5 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子6 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子7 農山漁村交流拡大プラットフォームの様子8 大根収穫の様子

お問い合わせ先

農山漁村なりわい課交流推進班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号 行政庁舎10階

電話番号:022-211-2866

ファックス番号:022-211-2416

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は