トップページ > 健康・福祉 > 医療制度・政策 > 医師 > 令和3年度被爆二世健康診断について

掲載日:2022年2月8日

ここから本文です。

令和3年度被爆二世健康診断について(終了)

被爆二世の方の中には健康面での不安を訴え,健康診断を希望する方が多いことから,国が定めた「被爆二世健康診断調査事業実施要綱」に基づき,各都道府県,広島市及び長崎市はそれぞれ国から委託を受け,被爆二世健康診断を実施しています。

令和3年度の申し込みの受付は終了いたしました。次年度の実施日程等が決まりましたらホームページ等でお知らせします。

被爆二世健康診断の内容

  • 健康診断の内容は,被爆者健康診断とほぼ同じです。ただし,がん検診はありません。
  • 事前申込み制となっており,実施期間中1回のみ受診ができます。
  • 健康診断は,一般検査と精密検査に分けられており,検査項目は次のとおりです。

一般検査

  1. 視診,問診,聴診,打診及び触診
  2. CRP検査
  3. 血球数計算
  4. 血色素検査
  5. 尿検査(ウロビリノーゲン,蛋白,糖及び潜血)
  6. 血圧測定
  7. AST検査法,ALT検査法,γ-GTP検査法による肝臓機能検査 ※1
  8. ヘモグロビンA1c ※1
  9. 血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査※2

※1 肝臓機能検査及びヘモグロビンA1c検査は,医師が問診等により必要と認める場合に行います。
※2 血清蛋白分画検査による多発性骨髄腫検査は,受診者の希望により検査を受けることができます。

精密検査

精密検査は,一般検査の結果,更に精密検査が必要とされた方に対し,次に掲げる範囲内で医師が必要と認めるものを行います。

  1. 骨髄造血像検査等の血液の検査
  2. 肝臓機能検査等の内臓の検査
  3. 関節機能検査等の運動器の検査
  4. 眼底検査等の視器の検査
  5. 胸部エックス線撮影検査等のエックス線検査
  6. その他必要な検査

被爆二世健康診断の対象者

原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)第1条に規定する被爆者(御両親のいずれか一方又は両方が,被爆者健康手帳をお持ちの方,又は持っていた方)の実子であって,かつ,宮城県内に住所を有する方

他の都道府県にお住まいの二世の方へ

この健康診断は,全国的に実施されておりますので,宮城県以外にお住まいの方は,都道府県(市)原爆被爆者対策主管部局一覧(PDF:144KB)に記載の連絡先へお問い合わせください。

健康診断実施期間

毎年9月~翌年1月(医療機関ごとに異なります。)

初めて被爆二世健康診断の受診を希望される方へ

初めて被爆二世健康診断の受診申込をする方は,次に掲げる書類を提出していただきます。被爆二世健康診断を受診した方には,今後,実施時期に案内を送付します。

  1. 被爆二世健康診断案内送付申込書(PDF:87KB)
  2. 受診を希望される方の戸籍抄本
  3. 受診を希望される方の住民票

提出先

〒980-8570

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

宮城県保健福祉部 疾病・感染症対策課難病対策班

電話 022-211-2636

Fax 022-211-2697

お問い合わせ先

疾病・感染症対策課難病対策班

宮城県仙台市青葉区本町3丁目8番1号

電話番号:患者様からの問い合わせ電話番号:022-211-2465/患者様以外の方からの問い合わせ電話番号:022-211-2636

ファックス番号:022-211-2697

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

重要なお知らせ

こちらのページも読まれています

 

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は