トップページ > しごと・産業 > 畜産業 > 畜産試験研究 > 草地飼料部トップページ

掲載日:2022年11月8日

ここから本文です。

草地飼料部トップページ

草地飼料部の概要

  • 草地飼料については,草地飼料畑や転作田における自給飼料の低コスト生産と高品質粗飼料の安定確保を図るため,優良品種の選定試験や子実用トウモロコシの実証試験を実施するとともに,気候変動に適応した飼料作物栽培について検討を行います。
  • 除染後牧草地における土壌中放射性セシウム濃度の高い地域での除染技術を確立するほか,放射性セシウム暫定許容値を超過しない維持管理技術として,土壌中肥料成分を効率的に回復させる施肥方法を検討します。
  • 環境関係については,特殊肥料等入りの指定混合肥料の試作や散布時の作業性向上に向けた加工法について検討を行います。また,水稲や園芸作物などの耕種部門と連携した肥効の検討など,家畜ふん尿の有効活用技術の開発に取り組みます。

構成員

  • 部長

草地飼料チーム

  • 研究職員2名

環境資源チーム

  • 研究職員2名

農場業務

  • 現業職員4名

研究課題

草地飼料チーム

  • 飼料作物・牧草適応品種の選定
  • 子実用トウモロコシの水田における栽培技術の確立
  • 気候変動に対応した飼料作物の栽培
  • 除染牧草地の維持管理技術の確立

環境資源チーム

  • 堆肥の利用拡大に向けた「特殊肥料等入り指定混合肥料」の製造及び利用方法の検討

研究成果

工事中

お問い合わせ先

畜産試験場草地飼料部

大崎市岩出山南沢字樋渡1

電話番号:0229-72-3101

ファックス番号:0229-72-2326

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は