トップページ > しごと・産業 > 農業 > 技術支援 > 令和4年度の農業普及現地活動情報 > 丸森中央集団転作組合の今後の営農計画について打合せしました。

掲載日:2022年6月7日

ここから本文です。

丸森中央集団転作組合の今後の営農計画について打合せしました。

 丸森町竹谷地区では、令和元年東日本台風の被災農地の復旧が進み、昨年度から一部の農地では水稲作付け等営農が再開されてきております。
 また、当地区では、転作組合が中心となり収益性の高い農業の実現を目指し複数の野菜を作付けする計画です。
 5月中旬には、県農業試験場や町役場の担当者も参加して、ブロッコリーやじゃがいもの生育状況の確認のほか、さつまいも等夏以降の作物の栽培計画について打ち合わせを行ないました。
 普及センターから、各種野菜の栽培ポイントのほかブロッコリー収穫機の特徴等について説明したところ、組合の皆さんは収穫機に関心を持った様子でした。

ほ場を確認する様子

今後の計画について打合せ

 

〈連絡先〉大河原農業改良普及センター
 TEL:0224-53-3519 FAX:0224-53-3138

 

 

お問い合わせ先

大河原農業改良普及センター地域農業第一班

柴田郡大河原町字南129-1

電話番号:0224-53-3519

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

information retrieval

このページに知りたい情報がない場合は